富士高分子工業株式会社

Global site

Other Language

製品情報

オプティクリスタシリーズ

オプティクリスタLGSP

オプティクリスタLGSP

フジポリ Light Guide Spacer (LGSP) は高透明シリコーンスペーサです。

バックライトの熱対策でLEDと導光板の間隔を空ける必要がありますが、そのすき間をオプティクリスタLGSPで埋めることにより10?20%の輝度向上が期待できます。

輝度向上結果
LGSPなし   LGSPあり

 
(測定条件)
(測定機器 : コニカミノルタ 色彩輝度計 CA-2000)
輝度向上メカニズム

LGSPにより、LEDと導光板とのすき間による漏光を減少させると共に屈折率差で生じ易い光の指向性を維持できるため導光板に入る光が多くなります。
つまり、LGSPにより導光効率が向上するので導光板の輝度が上昇します。

材料特性
項目単位9MCDテスト方法
物理特性
硬さ - 90 JIS K 6253 Type A
引張り強さ MPa 11 JIS K 6251 #2
伸び 30 JIS K 6251 #2
体積固有抵抗 MΩ-m 1×107 JIS K 6249
光学特性
黄色度 - 0.9 JIS K 7373
屈折率 nD25 1.414 JIS K 7142

全光線透過率

オプティクリスタLGSPの特徴
メリット
  1. LEDと導光板とのすき間を低減できます
    ⇒高輝度化
  2. 高透明シリコーンゴムにより、耐熱性・耐UV性に優れています
    ⇒ 長寿命
  3. 光学用透明粘着剤を付けることが可能です
    ⇒LEDに対し無負荷
  4. シートからの切り出し品のため寸法の選択肢が増えます
    ⇒ 設計の自由度が向上
デメリット
  1. タック性がある
    ⇒非粘着対策必要(LGSPは低タックグレード)
  2. 熱膨張率はアクリル樹脂の約10倍
新技術情報 詳しくはこちら